綾瀬編

六月に街レポ第6弾!

東京メトロニュース6月号より、今回は“人がらほっこり 『綾瀬』”です!

梅雨らしく、今回は雨の中のスタートとなりました・・・。


 

 

 

今回は腹ごしらえからです。

 

駅からすぐの『かあちゃん』

 

今月のメトロニュースの表紙を飾っておられました!

 

何とこのお店、年中無休で朝4時から23時までの

営業なんです。

 

かあちゃん、すげー!

 

朝帰りになっても、かあちゃんの優しさが

胃袋を満たしてくれるんですね・・・。

 

 

 

 


  どうです!

  ボリュームたっぷり!


  これは、きょんが頼んだ『なすみそ定食』


  左下はすみほさんが頼んだ『山とろ定食』


  右下は私が頼んだ『豚冷しゃぶ定食』


  山とろ定食はちゃんとご飯が麦飯なんですよ!


  ちなみにランチはご飯おかわり1杯無料☆

  私、野一はバッチリおかわりしてきました!

  


 

実家を出てからもう10年近くなる私には、かあちゃんのご飯はとってもホッとする味で、

「あんた、ちゃんとバランス考えて食べなさいよ!」と言われているような、気分になりました。

 

そうそう、このお店、店員さんは女性ばかり。

本当に『かあちゃん』ばかりなのです!!


表紙に載っていた方は夜当番の方のようでお会いできなかったのですが、

中のページに載ってらしたもう一人の方がお店にいらっしゃったので、

「メトロニュース見て来たんです」と言うと、ちょっと照れながらも、気さくにお話してくださいました。

かあちゃん達は皆、明るくてキュートな方ばかりでした。

また行きたくなっちゃうな~。


 

 

さて!かあちゃん達に元気をもらって、雨にも負けずレポートへGO!



 




晴れていたら回りたかった東綾瀬公園・・・。

右の地図にあるようにぐるーっと大きな円になっていて

1周3キロくらいかな?

せせらぎとかもあって気持ち良さそうなのですが、

今日は雨なので入り口だけ。



 

 

 


  

   おや、突然ムーディーな人が

   出てきましたね。

  


   しかし、ここの主役はきょんでは

   ありません。


   綾瀬川、です。

 

 

 

 


 上の地図にあるように綾瀬川は埼玉県が起点の川です。

 

写真は綾瀬駅の近く、上の図の緑の丸で示した辺りで撮ったので(図は関東地方整備局ホームページより

綾瀬川も終盤にさしかかる、という感じの場所でした。

 

昔、綾瀬川はひと雨降るごとにすぐに流れが変わってしまう程、河道の定まらない川だった為、

『あやしの川』 と呼ばれていたそうです。

それが転じて『綾瀬川』となり、その綾瀬川が通る土地という事で『綾瀬』という地名がついたんだとか。

地名が後なんですね!


 

『あやしの川』も河川改修などを

繰り返し、江戸時代以降は流域一帯が

豊かな穀倉地帯になったそうです。


また、武蔵(埼玉)と江戸を結ぶ大切な運河として多くの船が行き交っていたそうな。


今はまったく面影がありませんね~。

がっちり整備されております。

 

 

ちなみに写真奥、千代田線が走ってます。

写真クリックして拡大してみてください☆

 

さてさて、近代的になった綾瀬川を後にして、綾瀬の街をブ~ラブラ。

大通りから1本中に入ると、閑静な住宅街でした。

そんな中、現れたのは 

 


 




綾瀬稲荷神社です!

 

 

 

 

 

ここには面白い狛犬が

いるんですって!





それがその狛犬さん。



近くによって見てみると・・・

 

 

台座に扇子と手ぬぐいと茶托が!

 

 

この狛犬は落語家の三遊亭円丈師匠が

奉納されたものだそう。

 

平成12年に奉納されたものなので、

比較的まだ新しいですね!

 

 

 

台座に刻まれた文章によると

円丈師匠は狛犬に魅せられて4千数百もの

神社を巡られたとの事!

すごい!!!

 

そんな円丈師匠が落語と狛犬の繁栄を願って

奉納された狛犬だったのです。

 

 

私もしゃべる事を仕事としている身として

何かしらご利益を!と

狛犬さん達にご挨拶してまいりました☆

 

 

さて、帰ろうかと門に向かっていると、 

 右手に岩の小山のようなものが・・・

 

 近づいて見てみると、『富士塚』というもので

 ある事が判明。

 

 富士山信仰なるものがあるんですね。

 富士講という言葉も私、初めて聞きました。 

 

 「講」とはお金を集めて代表を選び、皆の祈願を託す

 仕組みという意味合いもあるそうで。

 昔は富士山に登って拝みたい!と思っても、

 庶民には体力的にも金銭的にも厳しかった為、

 富士講が成立したようです。

 

 富士講については調べていくと深い!

 書ききれません!

 

 ちなみにこの富士塚は、昔、綾瀬の村の富士講の人

 たちが、富士山に行ってもらってきたものだそう。

 溶岩でできていて、浅間神社が祀られています。


 富士塚自体2メートル程の高さがあり、幅も結構ある

 のですが、これを富士山から汽車で西新井まで運ん

 で、そこから馬車で運んだというから驚きです!

 

 

 

 

 

 




・・・・・あのね。

言っておきますけど、

ここ、『稲荷』神社だからね。

 

 

 

 

 

 

・・・そうでした。


 

 

 

 

お稲荷様にもご挨拶をして

次の場所へ向かいます。


 

さてさて、次にお邪魔しましたのは『珈琲 calme』




ここでは80種類もあるカップから

好きなカップを選んでドリンクをいただけるとあったのでワクワク♪



素敵な入り口を入っていくと・・・・


 

ずらりと並んだカップたち!!!

 

このお店はご主人と奥様の二人でやられていたのですが、

お二人ともカップが好きで少しずつ集めていたら、これだけの数になったんだそうです!

もともとカフェをやる為に集めていた訳ではないんですって。

 

本当に色んなカップがありました。

私でも知っているロイヤルコペンハーゲンから、ブルガリ、カメオ、そしてディズニーなど幅広し!




 三人三様のカップを選びました。

 こうやって選ぶと、その人のキャラクターが見える気がして面白いですね。


 ちなみに写真左がきょん、右上がすみほさん、右下が野一です☆


 

そしてそして!

左のカップは、すみほさんときょんが吹き替えをやっている『ダウントン・アビー』というドラマの中で使用されているカップと同じブランド、【ロイヤルクラウンダービー】のカップ。

←   

           → 

右のカップは【ファイヤーキング】というブランドのもの。この独特な優しい風合いのガラスはミルクガラスと呼ばれていて、翡翠色が多い中、この色は珍しいそうです。



ゆったりと落ち着いた雰囲気のお店で、好きなカップでドリンクをいただく一時。贅沢です。


ロイヤルクラウンダービーのセットなんて、27,000円もするものでした。びっくり!

普段自分じゃ使えないようなカップで、ゆっくりじっくり味わって飲むと、

日常から離れた特別な空間にきたような気分になれます。


ご主人と奥様はニコニコと優しい笑顔で迎えてくださり、色んなお話を聞かせてくださいました。

お二人の空気感がとても良くて、何だか幸せな気持ちになりました。



ほっこりした気分で次のスポットへ!












次にお邪魔したのは、

手作りおでん種の増田屋さん!


見てください!

この豊富なおでん種!!!


全部手作りだそうです!


すごーい!


腹ペコで来て全部制覇してみたい!










迷うわあ~。



店主のおじさんは

一つ一つ丁寧に種の説明をしてくれます。



その場で食べますといったら、

トレイに乗せて出してくれました!


いっただきまあーす☆



すみほさんは玉ねぎとがんも

私はカレーボールと餃子巻き

と、途中で(鮫のスジ〉なるものがあると聞いて、

それも追加。


餃子巻きなんて、中の餃子まで手作りですって!

全部味がしみてて美味しかったです~!!!


鮫のスジも結構好みが分かれるらしいけど、

私は美味しくいただけました!

割とあっさりしていて、歯ごたえがちょっとサックリ

していて面白かったです。


最近はコンビ二でおでんを売るようになったから、おでん屋さんは厳しくなってきたそうです。

お花見のシーズンとかでもお酒を買いにコンビニ行って、そのままおでんを買っちゃったりするから、

今までの稼ぎ時も前ほど売れなくなっているそうで。


確かにそうなっちゃうかもな~と私も聞いてて思いました。

1ヶ所で全部揃うと便利ですもんね。


でも、食べてみたら分かります!

コンビニのおでんとは味が違う!!!

手作りならではの味なんだと思います。味が強い!

濃いという訳ではなくて、個性があるといいますか。


コンビニのおでんもすごく研究されていると思うのですが、

なるべく多くの人に受け入れられる味になっていると思うので、割とあっさりしている気がするのです。

それに対してここのおでんは存在感があるんですよ!

是非一度食べてみてもらいたいです!

夏でも美味い!!!




は!熱く語りすぎました・・・。


次に行きましょう!



最後をしめくくりますのは、東京武道館です!


面白い形の建物。怪獣の口みたいですね。


この建物は平成2年に開館し、「武道は"芸術"である」との考え方のもと、日本の自然の形象である「雲・海・山・人」をイメージした菱形を積み上げたデザインになっているそうです。


中に入ってみると、広くて綺麗ですっごく立派な施設でした。


今回はきょんが学生時代に弓道をやっていたという事で、弓道場を見学させていただきました。




私、初めて弓道場へ足を踏み入れたのですが、

・・・・美しいですね!


近的場と遠的場の両方がそろっていて、

1階が近的場、その上に遠的場があるという

面白い構造でした。

右の写真は遠的場です。


この日は遠的場に1人先客がいらっしゃっただけで、

その方もすぐにお帰りになったので、しばらく私達だけで空間を満喫させていただきました。



とっても静かで清い空間でした。

薄暗い部屋の中と外の明るさがはっきり分かれている感じが、何か日本的だなあと思いました。

ものすごく私見ですけど。



今度はきょんが弓を射るところを見てみたいですね!






かわいいキャラクターもいるみたいです。



さてさて、東京武道館も見終えて

綾瀬の旅もおしまいです。



綾瀬駅へ向かいましょう。

 

珍しい0番ホーム。

 

ここからは北綾瀬行きの3両編成の列車だけが発着します。

この0番ホームは1985年にできたそう。

こういう長いプラットホームを削って作ったホームを《切り欠きホーム》というみたいですよ。

既存のホームと離れている為、0番ホームとしたそうです。

 

何か不思議な感じですね。

私達は0番ホームからは乗らず、それぞれ電車に乗って帰りました☆

 

 

さて、これで今回の綾瀬の街レポも終了です!

 

今回の街レポでは、今までで一番お店の方とたくさんお話させていただけました。

皆さん、ニコニコと色んな事をお話してくださって、まさに“人がらほっこり”でした。

優しい気持ちになれる街です。

ぜひ一度、訪れてみてください!


来月はどこの街になるのかな~!