日本橋編


はいっ!街レポもなんだかんだで第八弾です!

今月は東京メトロニュース8月号から『くーる じゃぱん。』

日本橋です!!!

 

日本橋といえば、私達が通ったパフォーミング・アート・センターの住所も

「中央区日本橋人形町」と日本橋の一部のようでした。

そういえば、日本橋というのはどこからどこまでなのかしらん?

 

調べてみたところ、1878年に東京府下15区のひとつとして「日本橋区」が置かれ、

それを契機に日本橋という地域が認識されるようになったと考えられるとのこと。

現在、地名に『日本橋』がつく地域と八重洲一丁目がその旧日本橋区に該当するそうです。






ざっくりと、

本当にざっくりとこんな感じ。

 


でも、今回は東京メトロの

『日本橋』です。

なので、

日本橋駅と三越前駅周辺を

クローズアップ!


さて、今月の東京メトロニュースはとにかく【金魚】尽くしでした。

 

赤くて小さくてヒラヒラした可愛いヤツ。

夏祭りを思い出して、見てると気分も上がります!


日本橋にはどんな金魚がいるんでしょうか~!!!


 

 

日本橋といえば

日本の中心地点。

 

1604年に江戸幕府が制定した、

東海道・甲州街道・

奥州街道・日光街道・中山道の五街道の起点となっています。

 


ここから全国に道がのびているのかと思うと、何だかワクワクしますね!


日本橋の獅子像は「守護」、麒麟像は「繁栄」を象徴しているそうです。

いつ見てもかっこいい!!!!


ちなみに獅子像の下の『にほんばし』の文字は江戸幕府最後の将軍、徳川慶喜公の筆だそうな。



 

日本橋には船着場もあります。

ここから色んなクルーズが始まるのですね!

 

乗ってみたいなー♪

   


 

それにしても、日本橋を見る時にいつも上を通る首都高が邪魔だな~と思ってしまいます。

 

1964年の東京オリンピックにあわせて首都高が造られた際、

準備期間が短かった為、新たに用地取得をせずにすむ川の上が建造場所に選ばれたそう。

 

華やかな発展の裏で、貴重な歴史的景観を失ってしまった。

仕方ない部分もあるのでしょうが寂しい気もします。

 

今度の東京オリンピックでは歴史と発展が上手く共存できると良いですね!

 

 


 

さてさて、まだ金魚が出てきていませんね~。

どこにいるのでしょう???

 

 

 




いましたー!!!!

 

ここはコレド日本橋。

 


アートアクアリウムの宣伝ブースかな?

甕の中に金魚が泳いでいます。


さらに後ろの絵も!

花びらが金魚ですよ~!綺麗☆


ここでは浴衣の着付けもやっていました。




 

新しく近代的なコレド日本橋の近くには、歴史ある老舗もありました。

↑ 日本橋高島屋(1831年創業) 

 

山本山(1690年創業)→


 

榛原さんからは金魚の絵葉書が出ていました!→

 

 

←榛原(1806年創業)

 

榛原も山本山も今年に入って新店舗に移転したので、

外観こそ新しいですが、実は創業から200年、300年と続いているんですね~。

 

外観は時代に合わせて変化しつつも、中身は伝統をしっかり受け継いでいく。

柔軟と堅固を併せ持つ、老舗の懐の深さを感じます!




ここからコレド室町に向かって歩きます。


てくてく、てくてく・・・・。


川と首都高の高架の間を通って、見えてきたのが


 

 

 

どーん!!!

 

 

日本橋三越!!!

(1673年創業)

 

三越ってもともとは

「三井越後屋呉服店」

という名前だったんですね!

 

現在の三越本館は

1914年竣工。

100年の貫禄があります。

 

 

 


 

三越のお隣には

 

三井本館

 

こちらは1929年竣工。

 

外壁を囲む柱は

コリント式列柱。

 

こちらも

風格のある建物です。


ところで。

 

実はこの三井本館、「HERO」というドラマで『東京地方検察庁城西支部』として使われていたそうなんです!

言われてみれば見たことあるような!

 

私達が訪れた時、映画公開にあわせて面白い企画をやっていました。

 

指定のアプリでQRコードを読み込むと・・・・

 

 

ドラマの中に入ったみたーい!!

テンション上がっちゃいました(笑)!!!!

 

 


なんと! 

正面入口の

『三井本館』の文字が・・・

 

 

  →→→

 

 

 

『東京地方検察庁城西支部』に!!!


 

さて、お次。

 

三井本館の向かいにあるのが

 

←日本銀行

 

 

写真の旧館は

1896年竣工です。

 

 

私、この建物が何だかとっても

大好きでした。



 

美しい・・・!!!!

 

右上の写真は手前が旧館、奥が新館です。

事前予約すれば見学ツアーもできるんだとか。(ただし原則10名以上のグループ)

いつか行ってみたい!!!

 

ちなみに日本銀行がある土地は、江戸時代には小判の製造をしていた「金座」があったそうです。

昔からお金に縁のある場所なのですね!

 

向かいには三井住友銀行、その対角には三菱東京UFJ銀行もあって、この土地はお金の力が強そう(笑)。

 

 

 

 

・・・そういえば、金魚のことを忘れていました。

金魚を探しにコレド室町に向かっていたのでした。


 



 

コレド室町に到着!

 

左がコレド室町1

その奥がjコレド室町2

右がコレド室町3

です。

 


何だか絵的にNYみたい

 

・・・と思ったのは私だけでしょうか。

 


 

 


 

お、さっそく金魚が。

 

 

 

 

 

 

 

中に入ると、各店の金魚グッズが

紹介されていました!


 

 

私が一番気になったのはこれ。

 

『ぽいぶみ』

 

紙の部分にメッセージを書きます。

このまま郵送しちゃうと内容丸見えだけど(笑)。

 


 

 

 

 コレド室町3とコレド室町1との間には、味わいのある灯りの素敵な通りが。


↑ よく見ると提灯が金魚柄なんです!


 

この通りを奥に進んで行くと・・・

都会の真ん中に突然神社が!


四方を高いビルに囲まれた中に、ぽっかりと空いた不思議な空間です。


ここは『福徳神社(芽吹神社)』


創祀された時期は定かではないけれど、

何と貞観年間(859~876年)には既にこの地に鎮座していたそうです!


芽吹神社という別名は徳川秀忠(二代将軍)が参詣された際、鳥居に若葉が芽吹いていたのを

ご覧になってつけたんですって。

今の神社は2014年10月23日竣工で

本当に真新しいです。

この神社はこれまで再開発などで敷地を失い、

移転を繰り返してきたんだそう。

今度は長く留まれると良いですね~。




 

 

さてさて、

今回なかなかよく歩いています。

 

疲れてきたので

日本橋三井タワーにあるホテル

『マンダリン オリエンタル』

ティータイム。

 

オープンテラスの席で

コーヒーとパンをいただきました!

美味~☆

 

この日は夕立が降ったので、

雨上がりの風が心地よかったです♪

 

 

左の写真、それぞれに

きょんと私(野一)が

小さく写っています。

わかります(笑)?

 

 

オープンテラスの席って

前を通る人が気になるかと思ったけど、

意外と気にならないものですね。


 

 

ホテルからの風景。


上から見ると

ビルがぎっしりです!

 

 

この中に何百年も

続いてきた歴史と、

近代の開発が共存しているんですね。

 

形を変えながら

賑わい続ける日本橋。

エネルギーを感じます!

 

 


 


さーて、一息ついたところで今回の街レポの目玉です!

 

『アートアクアリウム2015』

 

私、初めて訪れます。ドキドキ。



コレド室町1の5階、黒い空間を抜けて進んだ先には・・・



 

わあっ!

鮮やか!!!

 

これは【カレイドリウム3D】という作品。6面体の万華鏡となっています。

ライトの色が次々と変わっていく中で泳ぐ金魚の姿が美しい~!

 

最初のこの作品でグッと引き込まれます!

 

この先、次々と金魚が現れるのですが、

金魚って、たくさん種類があるのですね~!!

『もみじブリストル』・『玉サバ』・『ピンポンパール』・『キラキラ』などなど、

面白い名前の種類もいました。


 

色んな姿の子達がいます・・・。

金魚って自然界に存在する魚ではないってご存知でした?

全て人の手によって生み出されているそうです。

 

元々はみんな同じ、フナの形をした赤い魚からはじまって

一つの品種を作り上げるのに短くても10~20年。

生産者さん達の努力と想いが詰まった姿なんですね・・・。


 

さてこのアートアクアリウム、19時以降は照明などが少し変わり、ナイトアクアリウムになります。


下の2枚の写真は19時前(下の小さい写真左)と19時以降(下の小さい写真右)。

ナイトアクアリウムの時の方が、照明が艶やかな感じがするかな?

 

この日はDJによるパフォーマンスも入りました!

 

お酒を飲んだり軽食を食べたりしながら大人の空間を楽しめます。

 

 


かっこいい音楽が流れる中、

金魚を見ていたとあるカップルから

聞こえてきた会話。

「こいつ、小林に似てない?」

「似てるー(笑)!!!!!」

 

小林さん・・・どんな顔なのかしら。

 

 

今回のアートアクアリウムは13の作品が展示され、約5000匹の金魚が泳いでいるそうです。

 

光も金魚もなかなか綺麗に写真におさめるのが難しい!

下の写真は「琳派リウム」(左)と「ロータスリウム」(右)。

 

琳派リウムは襖に映像が映し出されていくのですが、金魚が泳ぐ軌跡に花が咲いたりします!

センサーで金魚の位置を感知して、その移動に合わせて絵や音を出すこの仕組みは世界初の試みだそうです!

 


 

このアクアリウムは一人で行ってきたのですが、かれこれ2時間位楽しめました!

大体カップルかグループでいらっしゃってますね。


たくさん写真を撮ってみたりもしたけれど、

やはり金魚がヒラヒラと泳ぐ姿を見てこそのアートアクアリウムだと思いました。


金魚を生産する所から、アート作品の作成、水質環境管理、イベントの運営まで、

本当に多くの人の力が結集しているのが分かります。

 

入場料も1000円と、それ程高くないので、ぶらりと立ち寄ってみるのも良いかと!

9/23(水・祝)まで開催しているそうなので、是非行ってみてください☆

 

 



さて、帰り道。


コレド室町の地下に『日本橋案内所』を発見。



おや、

案内所の中にも金魚が泳いでます!




 

なんと、色んなお店の金魚グッズがここに集結していました!!

ここに来れば一度に買えて便利です!

 

やっぱり金魚って可愛いなあ~!

 

 

 

さてさて、

これで、今回の日本橋街レポはおしまいです。

 

日本橋は歴史的な面も新しい面も併せ持つ街なので、とにかく注目ポイントが盛りだくさん!!

今回はどれをレポートするかしないかで、本当に迷いました!

日本橋だけでかなりの回数レポートできそう。


行けば行く程、知れば知る程おもしろくなっていきそうな街でした。

 

伝統を守りつつも、攻めの姿勢も忘れない。

くーるな街です。日本橋!