人形町編

記念すべき第一回目は『人形町の人形市』です!


 皆さんは『人形市』ってご存知ですか?

人形を売ってるバザー?

はい、そんな感じです。

しかし、この人形市、すごいのは人形町のみならず北海道や関西からも出店している事!

53 のお店・団体が人形町通りを挟んで左右にずらりとテントを並べます。 今回の人形市は第 9 回。

まだそんなに歴史は長くないようです。 普段それほど人形に興味があるわけではない私達。

正直、人形市って面白いのかしら・・・などと、ゆるーい気持ちでテントの列に入って行きました。

だがしかし!

気がつけばもう夢中! 置いてあるものがバラエティ豊かで面白いのなんのって!




首折れすぎじゃない?・・・な、おばあちゃん



にょろにょろ頭のサンタさん

 

これ、のいちくんのお気に入り

 


鬘とPASMO

 

鬘そのものが置物なのです。

大きさはこのくらい。

とても精巧で美しいのです。

派手なカメレオン。


派手レオン・・・なんちゃって。

ハロウィンストラップ。

 

時期的なものですね。

 

どのあたりがハロウィンなのか・・・若干微妙?!(笑)


お化け・・・なんですよね。

 歴史の重みを感じる由緒正しきものから、ツッコミどころ満載のもの、カラフルな異国の人形などなど、

お店によってカラーが全く違います。

これだけ幅広いジャンルの人形を一気に見られる機会なんて、そうそうないでしょう!とっても楽しい!!

私達の興奮のピークはこの人形達でしたね・・・

 

『ぺこちゃんと白目達』


 怖いよ!!!!

もう、何でこれを出品しているのか、意図がつかみきれません。

素直に怖がっていいのか、店主にとっては愛すべき可愛い人形なのか・・・。


そんなモヤモヤもまた一興です。


店主もまたお店によってカラーがはっきり違っていて面白かったです。


大体、人形をみて店主をみると、「ああ・・・」と納得でした。 そんなこんなで楽しく人形を見て回っ

ていると、体験教室を発見! 早速体験してみました☆ この体験教室は(株)久月さんが開催されているもので、


『押絵(おしえ)』 と 『木目込(きめこみ)』


2種類の技法から選んで作品を作ります。

今回は野一が押 絵、鈴木と 坂井が木目 込に挑 戦! 作業中 は無言にな ります・・ ・。






黙々・・・。

1時間弱で完成!!

 

羊の色紙が押絵。コマ2つが木目込です。

とっても可愛らしい。

自分の手で作ったという事でますます愛着が湧いてきます。大満足。

なんとこの体験教室、材料費込でたったの 300 円なのです!驚きの安さ!!

こんなに手軽に日本の伝統を体験できるなんて素敵すぎます。

久月さん、太っ腹! ちなみに体験講習会などは随時開催さているそうです!


詳しくはこちらをクリック!!!


興味のある方は是非! 

 さてさて、面白かったのが、この体験を通しての私達の変化。

体験教室に寄る前は店頭に押絵や木目込の商品が並んでいても、「ふーん」という感じで。

きれいだね、かわいいねと流し見るだけだったのですが、


体験後は一点一点手作りされた過程が想像できるから興味津々!

大きな作品になると、「どういう作りになってるんだ??」とマジマジと見たり、その複雑な工程に感嘆したり。


人間とは単純なものですね(笑)。


でも今まで眼中になかった伝統文化に興味を持てるようになった事、これは大きな収穫でした。 普段ついつい新しいもの、新しいものに目が向いてしまう私達。


昔から脈々と受け継がれてきた伝統も改めて大切にしたいと思いました。


触れれば分かるその魅力。でも触れなければ知らないままで通り過ぎてしまいます。 触れるチャンスとしてこういうイベントはとっても素敵。

もっともっと広まればいいと思います。 このように見て楽し、体験して楽しの人形市。

秋のおでかけにオススメです!!

今回パッと見た感じ、お客の年齢層が高めでしたが、年齢関係なく誰でも楽しめると思います!



今 年 は も う 終 わ っ て し ま っ た け れ ど 、 来 年 は ど う ぞ 行 っ て み て く だ さ い ☆


『ビスクドール リーンちゃん』 です♡








※人形市についての更にふみこんだ感想をトークで語っております。

そちらも是非お聞きください♪